トップページ > 企業情報 > ご挨拶

創健社の会社案内

社長ご挨拶

創健社は今年50周年という大きな節目を迎えることができました。日頃よりご愛顧ご協力ご支援いただいているみなさまのおかげと心より御礼申し上げます。
創業の昭和43年は高度経済成長の真っ只中で、食品産業の量産化・工業化が急速に進み、同時に食品公害事件が次々と発生し、社会問題となっていました。効率を追求するあまり、食の姿が歪められていく状況に私達は異議を唱え、よりよい食のあり方・実践法を社会に提案することを掲げ、創業いたしました。以来、弊社の姿勢は一貫して変わりません。日本初の100%べに花油をはじめ、トランス脂肪酸がバターよりも少ないハイプラスマーガリン、平飼い鶏の有精卵マヨネーズなど、常識に一石を投じる商品で新たな市場を次々に開拓してまいりました。近年では「カウンター・ビジョン・カンパニー」を標榜し、常識にとらわれることなく、あるべき食の姿を提案し続けております。
現在では環境が大きく変化し、創健社が長年提唱してきた、無添加、有機栽培、低農薬はすでに市民権を得ています。一方で、偏食、孤食、食との関連が疑われる病気や、貧困と食の問題、食糧自給率の低さ、世界的な食糧危機など50年前とは全く異なる社会課題が浮かび上がっています。
いずれも弊社一社で解決できる問題ではありません。しかし、こうした課題の解決に少しでも貢献することを弊社の使命ととらえ、これまで同様、商品・サービスの形で創健社が考える食のあるべき姿をご提案してまいります。そして共感いただける生活者、流通業や製造者・生産者のみなさんのご協力を仰ぎ、ご一緒に望ましい未来に向けて着実に歩んでいくことをお約束します。
今後とも、何卒、ご指導ご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

株式会社創健社 代表取締役社長 中村 靖

「 食べもの、食べ方は、必ず生き方につながって来る。食生活をととのえることは、生き方をととのえることである。 」
創業者 故 中村隆男

[ 株式会社創健社 設立趣意書 ]


 

トップページ > 企業情報 > ご挨拶