トップページ商品情報スプレッドシリーズ > 発酵豆乳入りマーガリン
 

商品の特長

7つの特長
*

1遺伝子組換えをしていない大豆使用

遺伝子組換えをしていない大豆を植物性乳酸菌で発酵させて使用した、純植物性100%のマーガリンです。

 

*

2 高オレイン酸タイプのべに花油を使用

主原料油脂には、一番しぼりのオレイン酸の含有率が高い高オレイン酸タイプべに花油を使用しております。

 

*

3トランス型脂肪酸が少ない

発酵豆乳入りマーガリンのトランス型脂肪酸は、約0.3g(10g中)と非常に低い値です。また部分水素添加油は使用しておりません。

詳細を見る

*

4必須アミノ酸331mg(100gあたり)

日本の伝統食の豆乳は、大豆をまるごと搾った栄養満点の食品。たんぱく質やビタミンB群、ビタミンE、不足しがちなミネラルなど、様々な栄養成分が豊富に含まれています。

 

*

5 お料理やお菓子づくりにも

様々なお料理やお菓子作りの材料としてもお使いいただけます。

詳細を見る

*

6 香料・着色料を不使用

上記合成食品添加物を使わず、まろやかで口当たりのよいあっさり軽い風味に仕上げました。

 

*

7 RSPO認証のパーム油を使用

RSPOとは、持続可能なパーム油の調達の必要性からスイスに本部をもつWWF(民間の環境保全団体)の呼びかけに応じて油脂企業や小売業者などが協議を重ね、2004年に設立された「持続可能なパーム油のための円卓会議」の事で、マレーシアのクアラルンプールに本部が置かれ、持続可能なパーム油が標準となるよう市場を変革することをビジョンに揚げ、環境や社会に配慮したパーム油生産の認証を行っています。べに花ハイプラスマーガリンは、認証農園からの認証油が流通過程で他の非認証油と混合される認証モデル(マスバランス:MB)を取得したパーム油を使用しています。
2018年10月22日に東京で開催されたJaSPOC実行委員会主催の「持続可能なパーム油会議2018〜ポストオリンピック、2030年のパーム油調達を見据えて〜」において、持続可能なパーム油の調達ベスト・プラクティスが発表され、当社は「ボルネオウンピョウ賞」を受賞しました。