トップページ > 創健社から7つの提案 > 5.和テイストの発酵食品で免疫力をアップする

創健社から7つの提案

和テイストの発酵食品で免疫力をアップする

― みそ、しょうゆ、酢、漬けものなど伝統食品を

ちょっと豆知識

アミノ酸

 アミノ酸はタンパク質を作っている有機化合物の総称。つまり、アミノ酸というユニットが集って組み立てられたものがタンパク質というわけです。
 このアミノ酸は、人間が生命活動をする上でなくてはならない栄養成分です。アミノ酸にはさまざまな種類がありますが、そのうち、からだを作っているアミノ酸は全部で20種類。このうち9種類は、人間の体内で合成できないか、または十分に合成されないため、食品から摂取しなくてはならないため、「必須アミノ酸」と呼ばれます。
 必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、スレオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジンの9種類です。

オリゴペプチド

 タンパク質は体内で消化酵素の働きによって分解され、アミノ酸となります。完全にアミノ酸となる前の段階、アミノ酸が2〜9個つながった状態をオリゴペプチドといいます。

抗酸化作用

前述、旬のページへ

ペプチド

 アミノ酸の大きな集合体であるタンパク質が分解されてできる、アミノ酸の小さな集合体のことをいいます。

メラノイジン

 メラノイジンはアミノ酸化合物と糖の化学反応によって起こる化合物。大豆にもともと含まれているわけではなく、大豆が発酵・醸成していく過程で生じます。赤褐色をした色素のために、赤みそが赤褐色になります。しょうゆや赤みそに多く含まれ、腸の働きを活発化し、基礎代謝をあげ、活性酸素を除去する働きがあるといわれます。

ブドウ糖

 ブドウ糖はグルコースともいい、脳やからだを動かすエネルギー源となるものです。加水分解で得られる最小単位の糖類(単糖類)のひとつ。果物や果汁などにも多く含まれます。

クエン酸

 クエン酸はレモンなどの柑橘類や梅干し、お酢などに含まれるすっぱい成分です。  人間はからだの中に取り込んだ食べものをエネルギーに変えるしくみを持っています。炭水化物は分解されてブドウ糖になり、ブドウ糖はさらに代謝されアセチルCoA(コーエー)という物質になります。これがエネルギーを生み出す物質です。そして、このアセチルCoAが特定の物質と結合してクエン酸になります。クエン酸はエネルギーを出しながらからだを循環し、エネルギーの素であるアセチルCoAと結合しながら循環していきます。これを「クエン酸サイクル」と呼びます。
 クエン酸を摂取すると、これらのエネルギー産生システムを活性化することにつながるといわれます。

商品案内

金笛醤油

 国産丸大豆と有機丸大豆を原料として、昔ながらの製法で作ったしょうゆです。国産丸大豆と有機丸大豆、埼玉県産小麦、天日塩を原料に、2年間にわたり杉桶のなかでじっくり発酵・醸成させた本醸造のしょうゆです。仕込み水も伝来の井戸水を浄化装置に通して使用しています。合成保存料や着色料など添加物は一切使用していません。

みちのく味噌

 岩手県産の丸大豆と国内産米を使用しております。アルコールは加えていないのでおいしさが生きています。塩は九州で作られたニガリを含んだ粗塩を使用しています。酵母が生きていますので発酵の際、多少ガスが発生しますので、小さなバルブ(みその吸収口)をつけてあります。

越前小京都の有機純米酢

 有機栽培された国産米を使用して、酒造りから酢酸発酵まで手間と時間をたっぷりかけて完成した有機純米酢です。酒造りを伝統的な寒仕込み、三段仕込み製法でつくりあげ、出来上がった酒を蔵付きの酢酸菌で昔ながらの静置発酵法により約6ヶ月をかけて完成します。米酢ならではのうま味とまろやかですっきりとした味わい、そして、華やかな香りをお楽しみいただけます。

田舎たくあん

愛知県南端の豊かな土地で海風を存分に受けじっくり天日寒干した渥美半島産大根を使用。にがりを含む天日塩と国内産米ぬかだけで漬け込んでいますので大根本来の旨みが残っている昔ながらのたくあんです。かりっと歯ごたえがよく、おかずやお茶請けなど、広くお楽しみ下さい 。食塩はにがりを含む天日塩を使用。化学調味料・合成甘味料・合成着色料・合成保存料は不使用です。


 PRE
トップページ > 創健社から7つの提案 > 5.和テイストの発酵食品で免疫力をアップする