トップページ > 創健社から7つの提案 > 7.自分にあった食べもの、食べ方を知る

創健社から7つの提案

自分にあった食べもの、食べ方を知る

― 無理なく、楽しく、できることから始めよう

ちょっと豆知識

食物アレルギー

 からだを守ってくれるはずの免疫システムが、からだに害のないものにまで過剰反応してしまうのがアレルギーです。アレルギーの原因となるのはタンパク質。肉や魚だけでなく、卵や牛乳、小麦粉、野菜、果物などにも含まれます。

アレルギー物質を含む食品はその表示が義務づけられています。
★表示が義務づけされているもの
小麦 そば 卵 乳 落花生
★表示が推奨されているもの
あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ


 PRE
トップページ > 創健社から7つの提案 > 7.自分にあった食べもの、食べ方を知る