トップページ > おいしい料理は調味料から「さしすせそ+あ」 > 油

さしすせそ+あ

油Q&A選び方ガイド産地工場見学レシピ集

油にまつわるQandA

ウンチク博士が気になる疑問にお答えします

ウンチク博士の紹介
油についての素朴な疑問
油とからだの中での働き

油についての素朴な疑問

油ってなんですか?

生きていくために必須の大切なエネルギー源です。

油と聞いて何をイメージしますか? 若い女性たちに話を聞いたところ、
「サラダ油のこと。それから、お料理の脇役として使うもの」
という答が返ってきました。

油にはからだに欠かせない大切な栄養素が含まれているのですが、これについては意外に知られていないようです。

からだを作り、動かすためのエネルギー源となる大切な栄養素は、タンパク質、糖質、脂質の3つ。 これを三大栄養素と呼びます。このうち、エネルギー源となる脂質は植物油、魚、動物性油脂などに含まれています。 つまり、油は人が生きていく上でなくてはならない主役級の食べものなのです。

さて、ここからはちょっと専門的な話になりますが、おつきあい下さい。 油の主な成分は脂肪酸です。そして、脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分けられます。 両者の違いをわかりやすくいうと、飽和脂肪酸は固形(肉や乳製品などの動物性脂肪)、不飽和脂肪酸は液状(植物油)ということです。

植物油にたくさん含まれている不飽和脂肪酸の代表は、オレイン酸、リノール酸、α-リノレン酸です。 からだの細胞膜やホルモンを作る原料となるものです。また、リノール酸とリノレン酸は人間の体内ではつくられず、 食物からとらなくてはなりません。このため、これらを「必須脂肪酸」と呼びます。 ここまでお読みいただき、植物油がいかに大切かということをおわかりいただけたと思います。

植物油の種類は?

べに花油、オリーブオイル、ごま油、えごま油などです。

植物油はべに花油、オリーブオイル、ごま油、えごま油など、さまざまな種類に分類されます。 また、1種類の原料からできているものもあれば、数種がブレンドされているものもあります。それぞれ風味や香りが異なります。

べに花油

紅花の種子からとれる油です。英語名はサフラワーオイルといいます。 淡い色をしており、味が軽いのでドレッシングやマリネなどの生食から炒め物まで幅広く料理にあいます。

オリーブオイル

モクセイ科の樹木であるオリーブの果実からとれる油です。産地や実の種類によって味わいが異なります。 オリーブオイルは、大きくババージンオリーブオイルとオリーブオイル(ピュア)の2種類に分けられます。

菜種油

アブラナの種からとれる油です。日本でも古くから使われてきました。 よく精製された菜種油は淡白な風味をもち、熱に強く、コシがあるので天ぷらに合います。

綿実油

綿花に厚くおおわれた種子からとれる油です。独特の風味があり、味はまろやかで、さらっとした食感の油です。

ごま油

ごまの種子からとれる油です。こうばしい味や香りが特長。中華料理や天ぷらなどに使われます。 ごまの炒り方によって、香りのないものから、強い香りももつものまでさまざまです。

グレープシードオイル

ワインの副産物であるぶどうの種子からしぼられる油です。 さらりとした食感とさわやかな口当たりや香りが特長。オレイン酸やビタミンEが豊富に含まれています。

サラダ油や天ぷら油って何からできているのですか?

大豆油と菜種油を混ぜた食用調合油です。

スーパーの店頭でみかける「サラダ油」や「天ぷら油」は、いったい何からできているのでしょうか。表示をみると、品名に「食用調合油」と書かれているものが多いことに気づかれることでしょう。
食用調合油とは、複数の油を混ぜている商品のことです。使用している油は、大豆油と菜種油を混ぜたものがほとんどです。複数の油を組み合わせることで、料理に適した味や性質に調合しています。サラダ油は、ドレッシングなど生食に、天ぷら油は揚げ物に適するように調合されているわけです。もちろん、サラダ油で揚げ物をしても問題ありません。

スーパーで安く売られている油の正体は?

安い大豆とナタネを合わせて作ることもあります。

スーパーの安売り目玉商品といえば、卵と油がおなじみです。 よいものを安く買えるのであれば、それにこしたことはありませんが、そうでないものもあるので注意が必要です。

価格の安い植物油は、海外から安く仕入れた大豆やナタネを材料にしていることがほとんどです 。大量に作り安価で売られているものは、圧搾絞りではなく、石油から作られる溶剤を混ぜて抽出されるのが一般的です。

また、大豆やナタネの栽培時には、化学肥料や農薬が使われ、輸出時のポストハーベストの農薬が残留している可能性を否定できません。 また、遺伝子操作した大豆やナタネが使われていることもあります。1番絞りをとった後の絞りかすに、さらに薬品を混ぜて作った油もあります。

創健社のべに花油はなぜいいの?

オレイン酸が多く、安全でおいしい一番絞りです。

べに花油は、べに花の種子からとれる油で、英語名はサフラワーオイルといいます。植物油の中でも、リノール酸が多く含まれ、 ヘルシーな油として人気があります。

創健社のべに花油は、化学溶剤を使わずに種をじわ〜と絞っただけの一番絞りです。癖がなく、風味が軽いので、素材を生かして、さらに油でおいしさを増す料理にぴったりです。日本人の嗜好にあう油といわれるゆえんです。 他社製品と違う最大の特徴は、オレイン酸というヘルシーな不飽和脂肪酸をふんだんに含んでいることです。

ここまでお読みになり「えっ、べに花油はリノール酸が豊富なのでは?」「オレイン酸が豊富なのは、オリーブ油ではないの?」と疑問に思われるかもしれません。確かに、一般のべに花油にはリノール酸が豊富に含まれています。 しかし、創健社のべに花油は品種改良により、オリーブ油に引けをとらない量のオレイン酸をふんだんに含んでいるのが特徴なのです。

オレイン酸は、善玉コレステロールを下げずに、悪玉コレステロールだけを下げる成分として、近年、注目されています。

圧搾ってどういう意味?

ぎゅっと押しつぶして、油を絞り出すことです。

圧搾とはもともと、圧力を加えてしぼるという意味です。 「圧搾一番絞り」とは、べに花やなたねなどの種をぎゅっと押しつぶして(圧搾して)、種子に含まれる油を絞り出して作った油のことをいいます。

油とからだの中での働き

植物油が足りないと、どうなるの?

ビタミンが不足して、肌やからだの老化を促進します。

過度なダイエットのために、油抜きの食事を続け、肌ががさがさになってしまった、という女性は少なくありません。植物油が不足すると、ビタミンが不足して、肌やからだの老化を促進するとともに、ガンや生活習慣病にもかかりやすくなります。

植物油にはビタミンEが豊富に含まれています。日本人はビタミンEの約25%を植物油からとっているとされています。ビタミンEは抗酸化作用があり、活性酸素からからだを守り、ガン、老化や生活習慣病を予防します。また、毛細血管の血行もよくするため、肌のはりを保ち、老化のスピードを抑えてくれるのです。

また、植物油にはニンジンやピーマンなど緑黄色野菜に含まれるカロテン(ビタミンA)の吸収率をよくし、栄養効果を高める作用があります。 β-カロテンは、油に解けると体内に吸収されやすくなる脂溶性のビタミンだからです。 たとえば、ニンジンを生で食べたときのビタミンAの吸収率は10%ですが、油と一緒に食べると吸収率は50〜60%になります。 緑黄色野菜は油で炒めたり、ドレッシングかけて食べたりすると吸収力がぐんとアップするわけです。 ヘルシー度アップの一押しは、野菜の天ぷらです。

さらに、植物油にはからだに欠かせない脂肪酸がたっぷり。ポイントは、その脂肪酸が不飽和脂肪酸だということです。リノール酸やα-リノレン酸は、生きていく上で欠かせない必須脂肪酸で、しかも、人の体内でつくることはできないので、食べものからとらなくてはいけません。また、悪玉コレステロールを下げる効果をもつことで知られるオレイン酸も含まれています。

植物油をとると太るってほんとう?

答はノー。太る原因は「見えない油」を採りすぎるからです。

結論からいうと「油をとると太る」というのは誤解です。詳しくお話しする前に、太るメカニズムについて触れておきます。

太る(肥満)とは、脂肪が過剰に蓄積し、その結果、体重が増加した状態をいいます。摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、余ったカロリーが脂肪細胞のなかに脂肪としてたくわえられます。原因は、食べ過ぎや運動不足で、とりわけ高カロリー、高脂肪の食べものをとりすぎると、肥満に直結します。脂肪が蓄積する場所は、脂肪細胞です。脂肪細胞に脂肪がたくわえられると、細胞の体積と重さが増えます。つまり、細胞それ自体が太っていくのです。

さて、植物油も脂肪のひとつですが、私たちがとっている油は、植物油だけではなく、肉や魚介類、卵、牛乳、 そしてレトルト食品やデパ地下などで買う総菜類にも脂肪が含まれています。植物油やバターを「見える油」とするなら、 肉から総菜類までを「油を食べている」と意識していないでとっている「見えない油」ということができます。これら「見えない油」は、 日本人の油脂摂取量の73%を占めていると報告されています。しかも、血中コレステロール値をあげる動物性の油脂が半数以上を占めます。

「油は太る」「油はからだに悪い」という先入観から、「見える油」だけに気を配り、植物油を控える人がいますが、これは大きな誤解です。 「見えない油」のとりすぎに注意して、「見える油」とのバランスを考えることが大切です。

では、どのようにバランスをとるのがいいのでしょうか。動物性と植物性の油脂の比率は1対1が理想です。「見えない油」を減らし、 植物油を料理に使うように心がけることが、肥満を防ぎ、健康度をアップすることにつながります。

からだにいい油の取り方のポイントは、食品の組み合わせにあります。 医食同源という言葉の海の親で、医学博士の新居裕久先生によれば、「植物油は健康によいのでたくさんとった方がいい。 そして、メニューと量の組み合わせを考えるときは、糖質を意識することが大切。 脂肪と一緒に糖質(パン、めん類、菓子、甘い清涼飲料など)をたくさんとると、インスリンというホルモンの分泌が促され、 とり過ぎると余った分が脂肪に変わってしまう」のだそうです。

新居先生によれば、健康的に植物油をとるための基本とポイントは次の3つです。

  1. 植物油をとるときには、たっぷりの野菜と一緒にとる。
  2. 植物油をとるときには、糖質を控える。
  3. 食事は野菜のようなカロリーの低いものから食べる。

これらを基本に、「野菜3、肉・魚2、ごはん・パン・めん類1」という「3:2:1のルール」がベスト。

植物油をふんだんに使い、野菜をたっぷり食べ、肉・魚はそこそこに食べて、ごはんやパン、めん類、甘いものは控えめにする。 これが太らず、バランスのとれた健康的な食生活の基本といえそうです。

不飽和脂肪酸はからだの中でどんな役割を果たすの?

からだの成長や生理機能を調整します。

植物油には、からだにいい脂肪酸がたくさん含まれています。健康の観点からポイントとなるのは、 「不飽和脂肪酸」であること、「必須脂肪酸」であることの2つです。

とくに不飽和脂肪酸のひとつであるオレイン酸は、コレステロールの中でも悪玉コレステロールだけを低下させます。 オレイン酸含有量の多い油は、オリーブオイルです。また、創健社のべに花油は、他社製品と比べて、オレイン酸含有量がきわめて多いのが特長です。

QAを通して学んだ後の感想

川西まどか 油は、脂肪として体に吸収されて、健康を害するものと思っていたので、 なるべく摂らないように気をつけていました。
ドレッシングならノンオイルドレッシングを選び、 天ぷらやコロッケなど揚げ物を食べると罪悪感を感じていました。
しかし、油は大切なエネルギー源で、油抜きの食事を続けると肌ががさがさになり、 肌やからだの老化を促進するというQandAを読んで、ぞっとしました。 油抜きでヘルシーな食生活をしていると思っていたのに、 それは、大きな勘違いであることが分かりました。逆に、不健康なことをしていたのですね。
また、よく目にする安い油は、大豆や菜種から薬品を使って抽出されていた という事実を初めて知り、ショックを受けました。
薬をつかって抽出されているのかと思うと、気持ち悪くて、食べる気持ちになりません。
やはり、油を使うのであれば、圧搾製法で搾り出された高品質の油を買おうと 強く思ったのでした。


 PRE
トップページ > おいしい料理は調味料から「さしすせそ+あ」 > 油