トップページ > おいしい料理は調味料から「さしすせそ+あ」 > 塩

さしすせそ+あ

砂糖Q&A選び方ガイド産地工場見学レシピ集

砂糖にまつわるQandA

ウンチク博士が気になる疑問にお答えします

ウンチク博士の紹介
塩についての素朴な疑問
塩とからだの中での働き

塩についての素朴な疑問

塩は何からできるのですか?

海水から作られています。

塩は海水から作られています。 海水をくんで塩を作る方法のほかに、岩塩や内陸の塩湖(えんこ)から塩を作る方法もあります。岩塩は、地層に形成された岩塩の鉱脈からとれます。 日本では岩塩や塩湖がないため、昔から海水を原料とした塩づくりが行われてきました。

海水から塩を作る方法は?

天日式や入浜式など気候に合わせた製法です。

最もポピュラーな塩の作り方は「天日式塩田」です。海水をため、太陽と風の力で時間をかけて塩の結晶を取り出します。この方法は、雨の少ない地域で用いられます。 日本のように雨が多い場所では天日式塩田は適さないため、海水から直接、塩の結晶を作ることはできません。そこで海水を濃縮して作ったり、入浜式塩田法や流下式塩田で作ったりしてきました。

岩塩や塩湖から塩を作る方法は?

岩塩の鉱脈から取り出し、不純物を除いて煮詰めます。

地層に形成された岩塩の鉱脈から、岩の状態で結晶している岩塩を取り出します。また、井戸を掘って水を注ぎ、岩塩をとかして塩水として組み上げる方法もあります。掘り出した岩塩は、いったん水に溶かして土などを取り除いてから煮詰めて結晶させるのが一般的です。ドイツやオーストリア、カスピ海やヒマラヤ、モンゴルの岩塩などが有名です。塩湖は乾燥気候の土地にあります。湖の水を干して塩を作るのが一般的です。

塩の成分は何ですか?

ナトリウムと塩化ナトリウムです。

塩のもつ力は?

保存性を高め、発酵作用も。

塩は、料理の味付けに使うだけでなく、さまざまな力を持っています。食物の酸化を防いで保存性を高めるほか、少量加えることで甘味を増す効果もあります。また、うどんやパンを作るとき、小麦粉に塩を混ぜると、コシを強めます。さらに、味噌や醤油、漬け物に塩を使うことで微生物の繁殖を調節して、発酵を調整する作用があります。

塩を選ぶポイントは?

マグネシウムやカルシウム等のニガリ分がほどよく含まれたものがお勧めです。

昔から「料理は火加減、水加減、塩加減」といわれているように、料理に塩は欠かせません。店頭にいくと、塩の種類の多さに驚かされます。基本はナトリウム以外のニガリ分を多く含むものを選ぶことをお勧めします(産地によって成分の差があります)。料理に合わせて、いくつか取り揃えるのもよいかもしれません。

「食卓塩」とこだわりの塩は何が違うの?

食卓塩はマグネシウムやカルシウムの含有量が少なくなっています

塩とからだの中での働き

塩はからだにとってなぜ必要なの?

からだの基本機能を維持します。

塩を肌にぬると美容にいいと聞くけれど何故ですか?

塩の粒子のスクラブ効果が汚れを取り除き、肌をひきしめます。

QAを通して学んだ後の感想

川西まどか 最近、海水から作られた天日塩や平釜塩を使用していますが、 そういう塩は食卓塩と全く同じ成分で出来ていると思っていました。 天日塩や平釜塩の場合、湿り気があるので、水分が多いんだなと 勝手に納得していました。
よく味わってみると、 天日塩や平釜塩の方が食卓塩より甘味があってしょっぱくないですね。 この甘味は、ニガリ分のおかげだったのかもしれません。
体に必要なマグネシウムやカルシウムを自然に摂取できていたようです。 食卓塩の方が安いけれど、ニガリ分が取り除かれているということを知ると、 やっぱり海水から作られた天日塩や平釜塩のようなこだわりの塩を使って行きたいと感じました。
 また、よく母から「塩分の取りすぎはいけません!!」と 注意されてきましたが、控え過ぎるのも考えものなのですね。
「体内の塩分濃度が低下すると、栄養を胃で消化したり、 小腸で吸収したりすることが阻害され、細胞が栄養を吸収できないと、 肌が乾燥するだけでなく、生命力が弱まる。」という回答を読み、 考えを改めさせられました。
塩を摂取しないことで、お肌にも影響を及ぼすとは、衝撃的でした。 健康を維持するためにも、マグネシウム、カルシウムをほどよく含んだ塩を 適度に取っていきたいと思います。


 PRE
トップページ > おいしい料理は調味料から「さしすせそ+あ」 > 塩