健康に優しい 7つの提案

創健社が提唱する
人と健康に優しい食べ方

食べることは、生きることそのもの。安全なものを、おいしく、楽しく食べることこそ健康の源です。ベースとなる考え方は、生まれ育った土地から採れた旬のものを、昔からの伝統に根ざした料理法でいただくということ。

合成食品添加物を使っていないもの、農薬をできるだけ使わないものをいただくということ。 それは結果的に、サスティナビリティを求めることにつながります。サスティナビリティとは直訳すると「持続可能性」。限りある資源や自然、農地を消耗することなく、地球上のすべての生命が生存し続けられるような持続可能な社会を目指し、食べものや食べ方を整えていくということです。 そのためのヒントを7つにまとめてみました。